Top > 葉酸サプリ > 厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。

厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。

卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、おなかの中で体の器官を作り上げていくのですが、葉酸は、この時に重要な働きをします。葉酸単体での吸収率は低いために、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。

 

ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中で一体どのような成分が必要なのか分からないと、お悩みの方も多いでしょう。総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、粉ミルクの成分を参考に、サプリを選んでみましょう。

 

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

 

そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。

 

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

 

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、日常的な食事以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

 

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。

 

ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

 

大事な栄養素が含まれていますから、摂取が推奨されます。また、栄養バランス良くさまざまな食材をとるのが理想であることは間違いありません。

 

逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は避けたほうが、妊娠してからも楽になります。

 

ポリグルタミン酸型葉酸サプリの特徴

 

葉酸サプリ

関連エントリー
妊娠初期の人にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。一般的に不妊治療は費用が掛かります!今は葉酸のサプリも入手しやすくなっています!